« | トップページ | 宮城県女川町へ »

大地震、被災地で必要なもの

今日、宮城県牡鹿郡女川町という所に行ってきました。

目の当たりにする被災地は、言葉で言い表すのが困難なほど荒れ果てていました。

今日はショックは出来事もあり、少々疲れてしまいましたので、現場の状況は次回。

でも、急いでこれだけは先に伝えたい事があります。
生きていてくれた親類たちと話をしていて感じた被災地に必要なものです。

TVで放送されているので、食糧がない、燃料がない。これは多くの人達に理解していただいていると思います。
ですが、実状は好意の寄付金や食料・衣類などの支援品を効率よく分配する事が出来ていません。

  • 有能な管理者を数十名から数百名

これが一点目。
これは急務です。未だに配給が行き届かない人々が多くいるのに、支援の品が倉庫に山積みになっている。これを捌く必要があるのです。
支援品を被災地に送れないのは、次の理由にも起因していると思いますが。仮に燃料が十分でも支援品は被災地に均等にいきわたらないと思います。

これもTVで報道されており多くの方に理解していただいていると思います。

  • 燃料(重油・ガソリン・灯油など)

現地の宮城県民ですら第一に自分の事考えています。職場へ通うため、食糧を買うため、燃料が必要なのは仕方がない事とも思えます。
ですが、寒い時期に冷たい床の上で、広い場所に数台のストーブでは上記の食糧不足と合わせ、被災者の体力を大幅に消耗させています。事実女川町でも避難先で亡くなった方がいるとの話も聞きました。死因は分かりません、ショック死の類かもしれません。

最後はTVでも一部報道されていますが、治安が非常に悪化しているので

  • 警察・自衛隊による治安維持活動

余りにも窃盗が多く、見回りの方が刺されたりしている様です。「家を空けるのは不安」「昼間からガソリン抜きがおきてる」といった声が聞こえてきます。
ここは本当に日本か?と思える程、治安悪化が深刻な状況です。

水産業で働いていたアジアの隣国の人間の仕業だという方が多くいました。
全ての事件がそうとは思いませんし、偏見を持ってはいけないと思いますが、彼らならそのような行為も平気で行うかもしれないと思ってしまいます。

なにか、悲しくて、苦しくて文章がうまくかけていませんが、最後の情報はもっと声を大きくして報道して貰いたいし、皆さんにも知ってもらいたい。

応援お願いします。
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村

|

« | トップページ | 宮城県女川町へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
モモパパです。
そうでしたか・・・。
もぐらさんの情報は実際に大きな被害のあった地域からなのでリアルです。
本当に必要とされる情報です。
われわれはテレビやラジオで情報を知ることしかできないものですから。
知らずにいた情報もたくさんありました。
なんといっても治安がそんなに深刻に悪化してるとは。
知らなかったでは済まされません。
恥ずかしい限りです。

投稿: モモのパパ | 2011年3月20日 (日) 07時24分

モモパパさん、こんにちわ。

宮城県内に住んでいるもぐらでさえ、自警の方が刺される程事態が深刻だとは思っていませんでした。
他地方の方が知らないのは当然の事だと思います。

今回の震災は深刻な被害場所が広範囲であり、2次災害とでもいうのでしょうか、原発の件もあるので、全てに手が回らないのだと思います。

出来るだけ早く、安定した暮らしに戻れるよう応援するしかできません。

投稿: もぐら | 2011年3月20日 (日) 14時29分

もぐらさん、こんばんは。
…そんなに治安が悪いのですね。ショックです。

投稿: KAME | 2011年3月21日 (月) 23時00分

KAMEさん、こんにちは

本当の意味での被災地はどこも、治安が悪くなっているでしょうね。
神戸の時も、治安は悪かった見たいですから。
早く事態が終息して、安心して復興に取り組めるようになるといいのですが…

投稿: もぐら | 2011年3月22日 (火) 17時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/542072/51163403

この記事へのトラックバック一覧です: 大地震、被災地で必要なもの:

« | トップページ | 宮城県女川町へ »