« 2012年1月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

鼠径ヘルニア手術・・・その後に(その3)

今回は手術1週間後の話です。つまり先週の土曜日。。。遅っsign01

傷口はというと、大分良くなってきています。ほらこの通り。

_324

表面上は問題無い感じですが、内側はまだ少し時間がかかるかなぁ

とはいえ、人間だって手術後にずっと寝ていたら体に言い訳ありませんから、少し外に連れ出してみました。

Photo

心なしか喜んでいる感じです。あっ!雪snowは流石にもうないですよ、コレ先週の写真ですからcoldsweats01

暫し観察していると、トコトコ歩いてウッドデッキの端まで行って、戻ってきたりと久々の外の空気を満喫していました。

Photo_2

本当は散歩して、外の匂いを嗅いだりしたいのでしょうがまだこの時点では大人しくしてもらわないといけないので、外出は禁止ですぞ。

そんな感じで、順調に回復しているモグです。明日は再びhospitalです。間違いなく半分は抜糸してもらえると思いますが、今の状態を見ると全抜糸の方がいいのではないかとも思うので、明日は先生と相談して見る事にします。

では、最後にモグ君からお礼の言葉です。
Photo_3

eye 明日怖くて泣くんだろ(ニヒヒ
dog バカ もぐらsign01 怖くなんかないよっ

# 沢山コメントを頂きながら、返事が出来ずにスミマセンsweat01

今年も応援お願いします。
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

鼠径ヘルニア手術・・・その後に(その2)

久しぶりにこんなに早い時間にお風呂から上がりました。結構贅沢な気分になりますね。

さて術後報告第2回目です。下の方に傷口の写真がありますので見れない方は無理しない様にしてくださいね。

11dog マナパン出して何を?

eye むふふ、秘密兵器じゃ

dog 僕どっちかっていうと、
    それ嫌いだぞ

eye まぁまぁ、そういわずに

チョキチョキチョキチョキhairsalon・・・・ angry うりゃっsign01

12eye じゃ~んsign03

dog ・・・・・もぐら、それ いいの?

eye 何が?

dog おしっこ漏れちゃうよ

eye 漏らす前提で考えるなよ coldsweats01

dog だって、マナパンてそういうもんじゃんか

eye 違うよ。これはマナパン改sign03 (ずだだーん)
    これなら、傷口が保護出来てチッコも出来るから
    エリザベスいらないだろ。

dog sign03 やるな、もぐら。やれば出来るんだな

eye ぉぃぉぃ・・・バカ扱いかよ coldsweats01

2_321_3eye ちょっと傷見せてみろ
    う~ん、やっぱり腫れてるな

dog 恥ずかしいぞ

eye わかった、はい、おしまい

dog ささ、アレ着るぞ

術後3日だからな、こんなもんか。昨日よりは良い感じするし

3_321dog ぴったりだぞ。動きやすいし

eye そか、よかったなhappy01

dog これなんだ?いい匂いで
    ポカポカで眠く・・・

eye ジャスミンってお花だぞ

eye これでストレスが少し減るかな

ちょっと、生活にログが追い付いていませんが3/21水曜日迄の経過です。
まだまだ、安静にしないとね。

2012年 今年も応援お願いします。
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村

| | コメント (12) | トラックバック (0)

鼠径ヘルニア手術・・・その後に(その1)

今日で手術から一週間、今更ながら少し振り返ってみます。

術中は色々なアクシデントがありました。

  • 鼠径部を塞ぐ場所が見当たらない
  • 長時間手術で酸素切れ発生sign03酸素ボンベ交換
  • ボンベ交換中に地震発生

などなど、ヒヤヒヤしっぱなしでした。そんなアクシデント満載の長い手術を乗り越え、翌朝
1
右腕に着いたスマイルマークのバンドは点滴チューブを固定してます。

エリザベスは動きづらい上に片目のモグには負担が大きいかと思い、思案した結果・・・ ”傷口ガードには以前も活躍したレスラースーツ(マナーパンツ)じゃんsign01コチラ” と一度は着せてみたものの、点滴でどんどん水分が入っていますので、おもらしすると傷口に付いちゃうので脱がせて対策を検討coldsweats01

その日の夜に帰ってきたモグは大分お疲れの様子で、こんな風に少し寝るのですが、居心地が悪いのか何度も起きてモゾモゾしています。
2
そこで閃きましたflair ”暗くしてあげれば少しいいかも” catfaceむふっ
3
という訳で、軽い毛布を掛けてあげました。この日はエリザベスのまま寝てもらうのですが、翌日には再びマナーパンツ大改造です。
今回の改造は残念ながら前回と違い元に戻せませんが仕方ありませんね。最新版傷口ガードは次回公開sign01・・・なのsign02

ダラダラと、お付き合い頂き有難うございました。

いつも来てくれて有難うございます。気が向いたらポチっと

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村

| | コメント (8) | トラックバック (0)

寒いのはイヤだけど・・・

昨日の帰り道に、降り積もった雪達がいつの間にかいなくなっているなぁと思いながら歩いていたのですが。

昼過ぎから降り始めた雨が夜も更けたころには雪に変わりました。

coldsweats02はわわわわ。でも・・・

2012032323180000

こんな綺麗な景色が見られるなら、もう少し寒くてもいいかなっと。
木の上で輝いているのはsign03 UFO?

この後最終バスが30分も遅れてくるとは思いもしないもぐらなのでしたcoldsweats01

明日で術後一週間。病院に行ってくるよdog
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村

| | コメント (6) | トラックバック (0)

怖い鼠径ヘルニア

手術開始は21時前ここから全身麻酔導入し、表皮の縫合終了が0時頃。
約3時間の長い手術となりました。

何時、何があっても傍に居てあげたいと思い、最初から最後まで手術室の中にもぐらも居させてもらいました。

本当に一時は先生もダメかと思うほどの状態だったようですが、なんとか患部の穴を塞いで閉腹となりました。
途中先生が”諦めないぞ、絶対助けるからな”と自分かモグかもぐらにか、呟きながら患部の処置を考えている姿を見て少し泣きそうでした。

手術中にも説明をしてくれたので患部の状態や手術概要は殆ど記憶していますが、詳しい内容はブログでは書きません。
もぐらは医学に携わる者でもなければ、深い知識があるわけでもないので、このブログを見てくださった方々に誤った知識を与えたくないので。

鼠径ヘルニア・・・ 実は、もぐらも子供の頃に同じ手術を受けています。
”ダッチョ”(ホントは脱腸ですが)とかいう呼び名もあり恥ずかしかったものですが、本当に怖い病気なのだと思い知らされました。

13歳という高齢で3時間という麻酔時間の負担は大きいのでしょうね。よく頑張ったね、ありがとう。

手術後、意識がまだ朦朧としているモグ。

2012_3_172_2携帯で撮影した上、輝度を少しいじっているので荒い画像ですが。

最後に、、、
もぐらと一緒になって心配してくださった方々、応援してくれた方々。本当に有難う御座いました。

m(_  _)m ペコリ

dog皆、応援してくれてアリガトdog
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村

| | コメント (14) | トラックバック (0)

今日です

先日さっそく沢山のコメントを頂きながら、返事も出来ず申し訳ありません。

今日は手術の日、身だしなみを整えてあげようと、ヒゲと耳の毛を簡単にカットしました。

すると・・・

1
何時ものようにオヤツの催促です。
モグの視線の先にはオヤツ棚。オマエ余計なことは沢山覚えてるのなcoldsweats01

でも、今日は朝食までと先生に言われているので、食べさせる訳にはいきません。

2
中々諦め諦めきれないようですが・・・こればっかりは譲れません。

帰ってきたらちゃんと、好物をあげるから今は我慢してね。

頑張ってくるよ dog バイバイ!
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村

| | コメント (6) | トラックバック (0)

今度も大丈夫だよね?

久しぶりのもぐらです。

去年からちょくちょくサボっちゃっています。来てくださっていた方々、申し訳ありません。

あの日から一年。ホントは色々思う事もあります。本当はそんな記事を書いてもいいのですが、サボっている間に色々な出来事がありました。

まずは、一番嬉しい出来事を少し紹介しちゃいますhappy01

1
モグ君は3月4日に13歳になりましたbirthday

2
早速プレゼントで大はしゃぎです。 まさか苺の香り付きとは思いませんでした。
恒例の破壊大会が開催されたましたよhappy02

これじゃブログのタイトルと全くかみ合いませんね。。。

次は本当に嫌な出来事で、モグ君また病気になっちゃいました。

お腹がポコンと膨らんでるので、dogと一緒にhospitalに・・・rvcarぶぅ~ん
着いた所は、袋原どうぶつクリニックです(また勝手に直リンク、苦情があれば削除しますので、、)。

東日本大震災の時に被災地を文字通り飛び回って動物達を救ってくれた佐々木先生の病院です。
先生は麻酔の事を専門にしている上、常々一度会いたいとも思っていましたし、かかりつけの獣医さんの対応に最近不信感が募っていたので、(本当に)少しだけ遠いですが、飛び込んでみたのが今朝9:00。

そして診断、丁寧な説明。 eyeん~いい先生やわぁ

でも診察結果は色々調べて行った中の一つでとても好ましくないものでした。

恐らく鼠径ヘルニアです。

手術の時の全身麻酔は危険を伴うものです。良く考えてみて下さい。

・・・・coldsweats02sweat01 う~ん、う~ん。

色々な考えが頭を駆け巡りました。

夕方、もぐらはモグには言わずに勝手に決断。

そして先生に電話して、再び病院へ行きモグの血液採取と再エコー検査。

年齢や麻酔のリスク、今は元気なモグdog

色々な意見があると思いますが、もぐらは手術して貰う事にしました。

モグ、今度もきっと大丈夫だよね。元気になれるよね?

健康に気を付けて、今年も一生懸命頑張りましょう
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年4月 »